葡萄樹液ジェルは無添加化粧水

添加物入りの化粧品って具体的に何がだめなの?
無添加がいいらしいっていうことは、皆さんなんとなくご存知だと思いますが、なぜ、無添加がいいのかきちんと知っている人はどれくらいいますか?

そう言われると、詳しく知らないなという人のために、解説しましょう。
まず、化粧品に含まれる代表的な添加物について解説しましょう。
鉱物油…石油から精製した油です。
代表的なものに、流動パラフィンやワセリンがあります。
使用感が良くなるので、よく化粧品につかわれますが、お肌に刺激の強いものがあります。
合成界面活性剤…洗浄剤として、また、乳化剤として化粧品に使われています。
界面活性剤は自然界にも存在しますが、それだけでは作用が弱いので、合成界面活性剤が化粧品によくつかわれるのです。
合成界面活性剤は洗浄力が強いため皮脂や皮膚の大事な構成成分まで取り去ってしまいます。
また、洗い流しても取りきれないので、皮膚に残ってしまう性質を持っています。
パラベン…代表的なものにメチルパラベンがあります。
メチルパラペンとは、正式名称はパラオキシ安息香酸メチルで、おもに防腐目的で配合される成分です。
パラベンは人によってアレルギーを起こす物質です。
紫外線があたると、肌細胞の老化をすすめてしまう作用があるとされ、しみやしわができやすくなるリスクがあります。
エタノール…アルコール成分の一種です。
高い抗菌作用を持っているため、防腐剤、殺菌剤として化粧品に配合される成分です。
また、余分な皮脂を無くし、サラサラの肌にする効果があります。

しかし、人によっては、肌が赤くなったり、アレルギー反応を起こすことがあります。
また、肌を乾燥させ、角質を硬くする作用があります。
合成香料…おもに石油やコールタールから、原料を得て、安価に合成される人工的な香料のことです。
有毒なものは使用を禁止されていますが、皮膚炎を起こす可能性があります。
シリコン…合成樹脂などを原料とした、使い心地のいい乳液やクリームを安価に作ることができる成分です。
しかし、シリコンは皮膚を密閉してしまうため、肌の健康を保つために働いている皮膚常在菌が住みにくい環境を作り出してしまいます。
また、皮膚にぴったりと張り付くので、落とすときに強い洗浄剤が必要になります。
このように、添加物には高い効果があります。
しかし、肌には強すぎる刺激もあります。
ですから、敏感な肌をお持ちの人には、これらを含まない無添加の化粧品がいいと言われているのです。

 

購入するなら楽天アマゾンより公式サイトがお得!

安心の60日間返金保証♪今なら送料無料10パーセントOFFキャンペーン中!