葡萄樹液ジェルのコラーゲンサポート力とは?

コラーゲンってどうして肌にいいの?

 

コラーゲンって肌にいいのは知っていますね。化粧品や、コラーゲンドリンクなど、コラーゲン入りの商品はよく目にします。でも、具体的にどう肌にいいのか知っている人は少ないのではないでしょうか。

 

コラーゲンは身体を形成するたんぱく質の一つで、血管、皮膚、軟骨、すじ、骨などに多く含まれます。中でも、肌・真皮の70%がコラーゲンからできており、肌のハリや弾力を維持するためにはとても大事な要素なのです。しかし、コラーゲンは毎日、数千mgずつ体外へ排出されています。コラーゲンが1日に分解される量は、2000mg〜5000mgと言われています。

 

つまり、毎日、これだけの量がなくなっているので、なくなる分だけ補わないと、ハリや弾力を維持することができなくなるのです。では、どうやったら補うことができるのでしょうか。コラーゲンを含む食品を摂取すればいいのでしょうか。答えは、そうとは言いきれない、です。

 

なぜなら、コラーゲンは一度アミノ酸に分解されてから吸収されます。そして体内に吸収されてから、再びコラーゲンへと合成されるのです。再合成には、アミノ酸のほかに必要な栄養素があります。それは、ビタミンCとエラスチンです。

 

ですので、コラーゲンを摂取したからといって、ビタミンCなどが不足していると、合成できる量は少なくなるので、失われたコラーゲンより、合成されたコラーゲンの方が少なくなってしまうのです。では、化粧品に含まれるコラーゲンは、そのまま弾力成分として、働いてくれるのでしょうか。答えは、NOです。弾力成分として働いてくれないなら、コラーゲン入りの化粧品は、意味ないのでしょうか。それも、NOです。

 

なぜなら、コラーゲンは保湿剤としてとても優秀なのです。コラーゲンはとらえた水分を逃がさないという、非常に高い親水性を持っています。ゼリーの素であるゼラチンを知っていますか?あれが、コラーゲンです。ゼラチンの保水力はすごいですよね。化粧品から肌に補うと、湿度が下がっても角質層で水分を蓄えてくれるので、お肌が潤うのです。

 

このように、コラーゲンには肌にいい働きが2つあります。大事なことは、食品やコラーゲンドリンクなどで、体内にコラーゲンを摂取するのと同時に、ビタミンCも忘れずに摂取するということです。それから、コラーゲン入りの化粧品で、肌の水分を逃がさないことです。この2つを意識していれば、ハリのあるうるおい肌を手に入れることができますよ。

 

 

購入するなら楽天アマゾンより公式サイトがお得!

安心の60日間返金保証♪今なら送料無料10パーセントOFFキャンペーン中!