見た目を若くするケアとは?

見た目年齢の若さの効果って?

 

 

 

若さに何の効力がないとしても、若く見られたいという女性が多い。なぜなら、事実「若さ」自体には効力がなくても、「若い」「若く見える」ということが効果的な場面が多いから。しかしそれは、幼くみられたり、頼りなく見られ、甘えることが目的ではない。

 

もちろん、20代前半くらいまでは、何もできなさそう・知らなさそうに見えるほうが得をしたり、優遇されることがあるとしても、「大人」になれば、デキる、もしくはちゃんとキャリアがあるということを示しながら、相手に敬意を払ってもらえる程度の「若々しさ」が必要になるということ。見た目年齢が若いということは、生活習慣にも気を配っているし、自分を大切にしている人だということのアピールにもなるからだ。

 

 人間関係や仕事関係では、その関係性の中で、見た目にかかわらず、信頼を得たり、認めてもらえる機会もあるが、それには時間がかかるし、相当な努力も必要。しかし、「見た目の若さ」ならば、ちょっとした努力で手に入れることができる。身に着けるものをカラダにフィットしたものに変えるとか、ヒールのある靴を履くとか、姿勢に注意するとか、髪型を変えるとか。特に効果が高いのが、肌の手入れ。肌がボロボロだった人がみずみずしい素肌になればそれだけで「やる気」「健康」「(スキンケアに手をかけることができる)まじめさ」がその人の印象に加わる。
 生まれたての赤ちゃんの肌や、元気に遊ぶ子どもの肌は、なめらかで清潔で健康的。でも、それは、何の刺激もうけていないから。大人が目指すのは、時間や太陽や外気などの刺激にさらされた後でもそのダメージを感じさせない肌。《何もない》ではなく《よけいなものがない》と感じさせてくれる肌。

 

 例えば、深すぎるほうれい線や多すぎる目じりのシワ。見せる必要のない毛穴。どんなに肌がきれいでも、大人の女性の頬を触ってくる初対面の人はいないはずだから、これらのトラブルを一時的に隠すことができればいいというわけだ。ところが、「隠す」という行為は思うよりも労力と費用がかかる。隠しごとがあるのはストレスになるし、隠し続けるためにさらなる化粧直しという手間がかかる。

 

 ならば、素肌を改善するのが最良ということになる。人間の体は手をかければ応えてくれるし、素肌の調子がよくなれば、間違いなく若く見えるようになる。日々のスキンケアにプラスまたは置き換えるだけで、肌のハリやしぼみを解消することができる効果的なアイテムがあれば、試してみてソンはないはず。

 

特に、化粧水・乳液・美容液効果がある「葡萄樹液ジェル」なら手軽だし、費用もかかならい。きちんと手入れされた肌とともにl、自分をきちんとケアすることができ、周囲に気を配ることができ、活力に満ちた人だという印象も手に入れることができる。

 

 

購入するなら楽天アマゾンより公式サイトがお得!

安心の60日間返金保証♪今なら送料無料10パーセントOFFキャンペーン中!