葡萄樹液ジェルは敏感肌にも使えるの?

敏感肌にも使えるスキンケア成分とは?

 

 

 

全身を覆う肌には、重要な役割がある。大気や紫外線などの刺激から生命を維持・成長させるさまざまな臓器・血管・組織を守るというものだ。肌だけでは守れないまたは、より重要な人体の部分には毛が生えたり皮膚が硬くなったりする。肌の機能が正常であれば、生き物は外敵を最小限にとどめることができるわけだし、その生き物がストレスが少ない状態で生きることができるというわけだ。

 

 しかし、肌には臓器を守り、外敵・刺激から守るだけではない役割も持っている。健康な肌が与える印象というものだ。すべすべの健康な子どものような肌は輝かしい未来のような可能性を感じさせるし、ハリのある肌はイキイキたした活力あるイメージを与えることができる。反対に、ハリがなく小じわの多い肌は苦労や悲しみを印象づけるし、たるみがある肌はなんとなく疲れて見えるし、毛穴やトラブルが多い肌は清潔感に欠ける。

 

もちろん、肌質で人格や性格が変わるわけではないけれと、様々なツールによって、そのようなイメージ付けは常に行われており、その感覚は簡単に取り除くことはできない。だとしたら、健康な肌、調子のいい肌を手に入れればおのずと「健康」「闊達」「清潔」「可能性」などの印象も手に入るということになる。

 

 ところで、肌には敏感肌、乾燥肌、オイリーな肌、混合肌などの種類があるとされている。ただし、混合肌の人は一生混合肌なわけではないし、敏感肌の人は肌に何もつけられないということでもない。肌の調子というのは生活習慣、ストレスなども関係するし、アレルギーや体調にも左右される。

 

今の自分の状態がどうなとかということを知ることが、自分の肌にあったスキンケアグッズを選ぶために大切なことでもあるし、自分の肌の調子を把握できていれば、生活習慣や食生活なども改善・改良することができるからだ。

 

 今現在敏感肌だと感じている人は、それらのものに気をつけるだろうが、いつ敏感肌になるかわからない人はどうすればいいのだろうか? いろんな外的刺激を受け続けていればいつ敏感肌になってもおかしくない現代。できるだけ直接肌に触れるものは、負担をかけないものがいい。

 

特に、表情をつくるフェイススキンケアならは、鉱物油や石油系の界面活性剤は避けたほうがいいだろう。例えば、今話題になっている葡萄樹液ジェルならば、鉱物油や石油系海面活性剤はもちろん、合成香料やエタノール、シリコン、パラベンなども一切ふくまれていない。肌に負担をかけないケアならば、続けられ肌の調子を整え続けることができる。肌トラブルを生まないケアは、さまざまな良い印象や前向きな生き方も生み出すことができるのかもしれない。

 

 

購入するなら楽天アマゾンより公式サイトがお得!

安心の60日間返金保証♪今なら送料無料10パーセントOFFキャンペーン中!