コラーゲンはどのくらい摂取すればOK?

美肌のためには必要なものは? コラーゲンだけでOK?

 

 

 

肌の変化は、一番感じるのは自分自身だが、ほとんど同じ速度で他人にもわかるものだ。なぜなら、人は他人と接するとき、ほとんどの場合、相手の表情とともに体調を知る意味でも声のハリや肌質を観察しするからだ。だからこそ、美しい肌は誰もが憧れる。体調や心身の不調を肌によって読み取られないように、そして調子がいいことを肌トラブルで調子が悪い人だと思われないように。

 

 ところで、個人の努力によって手に入らない要素(容姿や性格、生まれつきの特徴)を評価するのはあまり良いこととされない世の中で、努力によって手に入るものは評価されやすい。例えばどんなに努力をしても伸びることのない脚やバストの大小、髪の毛の量に触れることは下卑たことで、努力すれば手に入れることができる腰の細さや筋肉量、髪の毛のツヤは認められやすく評価されやすい。

 

中でも肌の変化は目につきやすいこともあって、常に「良くなった」「悪くなった」という評価にさらされ、その反面「気にしやすい」パーツであるからだ。もちろんこの場合の「肌」は、全身の肌質ではなく、「フェイススキン」を意味する。そのために、フェイススキンだけきれいにすればいいという短絡的な考え方で、メイクだけでトラブルを隠そうとしたり、外科的な処置に頼ることも多い。

 

しかし、フェイススキンだけを評価対象としてケアしていると、「首周り」「手」など比較的人目にふれる場所を評価されたときにあわてることになる。今、健康な素肌のために注目されているコラーゲンは、食品としても摂取することができることからサプリメントはもちろん、化粧品にも成分として多く含まれている成分である。ところが、この肌のハリと潤いを保つコラーゲンは、1回摂取すればよいものではなく、また単独ではあまり効果がないというものでもある。

 

 そんな中注目したいのが、今話題になっている葡萄樹液ジェルに含まれるコラーゲンのパワーを引きだす効果。コラーゲン量を増幅させることができるということは、肌の上からカバーしたり与えるだけでなく、体内にあるコラーゲン量を増やすことができるということでもある。食品としてまたは補助食品として、さらにはさまざまなスキンケアに含まれるコラーゲンを、さらに増幅させることができる成分があるとすれば、使ってみる価値はあるだろう。それが、日常のケアとして使える化粧水に含まれているとすればなおさらだ。

 

 

 

購入するなら楽天アマゾンより公式サイトがお得!

安心の60日間返金保証♪今なら送料無料10パーセントOFFキャンペーン中!