葡萄樹液はなぜ注目されはじめているの?

葡萄樹液が肌にいい理由って?

 

 

 自然との共存とか、自然は人体に良いとか言われているが、すべての自然が人体に優しいわけでもない。もともと自然は人類には決して友好的ではない。むしろ自然は生物にとって淘汰的であり選別的だということは生命(地球)の歴史を見ればよくわかることだ。しかしながら、生物(もちろん人類も)は自然の一部だという思い(こみ)があり、自然は人体に優しく、取り入れるのが良いことだと思われている面もある。

 

 自然界には、人類に良いものも確かにあり、自然界から得ている益も多い。自然から益を得ることができなければ生存はあやういと言っても過言ではないが、一方で毒蜘蛛などの有害な生き物や毒きのこなどの食べ物、うるしなどの生き物を排除するものも「自然」であることはまちがいない。険しい山も厳しい季節も自然そのものであるから、生物はそれぞれに自分自身を守るための機能を有しつつ、他の生物を利用する知恵をもっているものである。そして「自然」はそれらを自由に戦わせ、自由意志で存在させることで淘汰を促している。

 

 人類は有益であるもの、共生できるものを選別しながら進化・成長しているといえる。その中でもっとも人類にとって有益でコントロールしやすいもの(してきたもの)が栽培や養殖されている生物や植物など、私たちの食料となっているものだ。たとえば葡萄。食料(果物)であるだけでなく、聖なる飲料・ワインとして、ポリフェノールなどの成分が発見されてからは機能性食品として、さまざまな「益」を人類に与えてくれている。《ぶどう》と聞いて好き嫌いはあれど、「危険」を感じる人は少ないだろう。ぶどうの栄養素、さまざまな食べ方、美白や健康に有効だとされている栄養素ポリフェノールを含むという事実。もちろん、その姿の豊かさや華やかさ、優雅さも人気の植物である。

 

 そして、最近注目されている葡萄の効果が「葡萄樹液」。その名称の通り、葡萄の木から採取される成分のことだが、この樹液が採取できるのが葡萄の木が新しい芽を出す直前の春。前年の収穫後から落葉するまでに貯めらえた養水分がぶどうの木全体に供給され、剪定した切り口や芽から落ちてくるのだそう。

 

実際にこの樹液に触れた農家の方がその安全性や浸透力に気づき、製品化につながったのだといわれている。この樹液は採取できる期間が限られているためとても貴重なものだとか。食べても飲んでもその健康サポート力がうたわれる葡萄の樹液。肌に触直接触れても問題ないとあれば、人類にとってパーフェクトな存在ともいえる。

 

 

購入するなら楽天アマゾンより公式サイトがお得!

安心の60日間返金保証♪今なら送料無料10パーセントOFFキャンペーン中!